加賀料理について

  加賀料理、金沢城主前田利家が親しかった豊臣秀吉の影響による京風と徳川幕府に準じた江戸風が融合した食文化として育ってきました。 さらに、日本海の新鮮な海の幸、白山を源とする水のうまさ、山の幸、加賀平野が生み出す野の幸など豊かな食材に恵まれいまでは独自の食文化としての地位を築いています。 ぶりやいか、かに、エビなどの海の幸、またレンコンや太きゅうり、金時草などの加賀野菜が加賀料理の主役です。 「いしや」は、1886年創業以来、「おもてなし」の心は変わらずに、料理には手を抜かず、食通を魅了する「いしや」でありたいと肝に銘じております。 いただく料理はもちろんですが、人との語らいや、それを味わう時間が料理と酒をたしなむゆっくりとくつろげる空間作りをコンセプトにお待ちしております。